乾燥肌の洗顔方法

自然派化粧品の通販はハース自然派化粧品のハース

洗顔後のケアが乾燥肌には大切

乾燥肌にハース手作り石鹸
美容・暮しのHearth HOME > 乾燥肌対策 TOP > 洗顔方法
乾燥肌対策 TOP
肌のしくみ
乾燥肌テスト
乾燥肌に適したスキンケア
洗顔方法
オイルマッサージ
お風呂でのケア
パッチテスト
フェイシャル・スチーム
アロマテラピー
アロマセラピー
お肌のトラブル相談室
お肌のトラブル相談室
自然派ブログ「ハースの窓」
自然派ブログ ハースの窓
シャンブル・ヘンプシリーズ
ヘンプ・スキンケアシリーズ
ラヴィタエ ダマスク・ローズウォーター
ダマスク・ローズウォーター
ヘンプナッツオイル
ヘンプナッツオイル
椿油
椿油
麻の実食品
麻の実食品
アミラン化粧品
アミラン化粧品シリーズ
あなたのお肌のタイプは?
お肌のタイプチェック
手作り石鹸ブログ 徒然草
手作り石鹸ブログ 徒然草


スポンサード サイト
健康肌への第一歩、まずは洗顔から。

健康的な美肌への基本は洗顔です。この毎日の洗顔を効果的に活用してみませんか?
ですが、十人十色とはよく言ったもので、人それぞれの生活習慣が違いや、その日の体調によっては肌の具合が違ったりします。ここでは乾燥肌のための基本的な洗顔方法をご紹介いたします。


乾燥肌の為の洗顔方法
ヘアバンドで髪を止めるなどをして、洗顔の邪魔にならないようにしましょう。
手をきれいに洗いましょう。
お顔を洗うその手が汚れていては意味がありません。
まずは手をキレイ、キレイに。
汚れを落としやすくするために、人肌くらいの温度のぬるま湯で軽く素洗い・または蒸しタオル(ホットタオル)を軽く顔にあてるなどをし、、毛穴を開かせます(ヤケドに注意)。
石鹸や洗顔料をよく泡立て、キメ細かい泡を作りましょう。※石鹸や洗顔料は洗浄力が弱く、良質な植物油を使った保湿効果のあるものを使用してください。泡はクッションとなり、洗顔時の肌への摩擦を少なくします。泡たてネットを使用すると泡立ちも早いので、特に朝の洗顔には時間の短縮にもなります。ネットは、泡立てるときだけに使用し、洗顔自体は両手でしてください。
まずは額や鼻まわりなど、一般にTゾーンと言われている箇所から泡をつけていきます。

やさしく、丁寧に内側から外側へ円を描くように洗います。つづいて頬やあごも同様に洗います。決して強くゴシゴシと肌をこするような洗い方をしないようにしましょう。
石鹸や洗顔料が残らないように洗い流します。髪の毛の生え際や、あごの回り(フェイスライン)など、洗い残しがないよう丁寧に流しましょう。
洗いあがりの目安は、お肌がキュッキュッとなる感じです。
また、ぬるま湯と冷水を交互に洗い流すことも、すすぎ方法のひとつです。
の交互にすることで、お肌を引き締め、血行促進にも一役かいます。
やわらかくて清潔なタオルで、「拭く」というより、を包み込むような感じで水気を取りましょう。
洗顔のポイント
■メイクをしている場合、一般にはクレンジング剤と石鹸でダブル洗顔をしますが、乾燥肌の場合は、なるべく避け軽めに洗顔し、保湿効果のあるローションやジェル、クリームで整えて下さい。洗顔は手でよく泡立て、指で顔に優しく伸ばし汚れが浮いたらぬるま湯で洗い流します。
洗顔後は、保湿成分である皮脂も洗い流されています。化粧水などで水分を補給し、しばらくしてお肌に水分がなじんだ後、美容液や乳液などで水分を逃がさないようにして、お肌の保護をしてあげましょう。


【朝の洗顔について】
@〜Gの基本の洗顔とは別になり、また肌質にもよりますが、(特に乾燥肌を気にしている方)朝の洗顔は、柔らかいオーガニック素材のタオルだけで洗顔するのもオススメです(サイズは小さめで、おしぼりタオルくらい)。毛穴から出る皮脂腺は天然の保湿剤です。最初に手で顔を素洗いをした後、タオルをぬるま湯でぬらし、お顔に軽〜くすべらせる程度を全体的に7〜8回繰り返して洗います。後は基本の通り、お肌を包み込むように水気をとるだけ。柔らかいオーガニック素材のタオルであれば、お肌への負担も少なく、乾燥肌にありがちな「洗いすぎ」ということも避けられます。使用するタオルは清潔にし、顔専用にすると良いでしょう。


【夜の洗顔について】
夜の洗顔は、お化粧されている方は化粧落としは必須ですが、なるべくクレンジングやダブル洗顔は避けたいところです。ダブル洗顔とは、クレンジング剤でお化粧を落とした後、石鹸や洗顔料でもう一度洗うということです。
最近では、拭き取るタイプのメイク落としもありますが、肌をこすりながら落とすわけですから、お肌への負担とメイクの残留も考えるとあまりおすすめはできません。ただ、疲れてすぐにでも眠りたいというような時などは、補助的に利用するのも方法の一つかもしれません。お化粧をしたまま寝るよりは、少しでも落とした方が良いですからね。入浴中に汗などをかいて皮脂腺が多く分泌されたときなどに保湿成分の多い石鹸よく泡立て、浮き出た汗や油分と一緒に洗い流せばお肌への負担が少なくて済みます。


〔会社概要〕 〔プライバシー〕 〔ご注文方法〕 〔お支払方法〕 〔送料について〕 〔特定商法取引〕 〔リンク〕 〔お問い合わせ〕 〔FAQ〕
美容・暮しのHearth ハース
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢1-11-2
TEL: 0466-62-7730 FAX: 0466-27-3208
E-mail: info@heart-and-earh.com
Hearth はあなたのプライバシーを尊重する安全なサイトです。 ©Hearth2007 All rights reserved. サイトマップ