美容・暮しのHearth

コレステロール

TOP > コレステロール
TOP 脂肪の話
善玉・悪玉脂肪
トランス脂肪酸
トランス脂肪酸を避けるには
α-リノレン酸の効能
コレステロール
脂肪酸成分表

コレステロールのウソ・ホント

魚介類のコレステロール

多くの人が魚介類のコレステロールは血中コレステロール値を上昇させると思っています。もちろん、魚介類やその他の肉類に含まれるコレステロールのいくつかは血中コレステロール値を上げます。しかし魚油の大部分は人体にとって有益でコレステロール値を下げる働きをします。飽和脂肪酸やトランス脂肪酸は血中コレステロール値を上昇させる最も大きなファクターです。飽和脂肪酸は加工食品等の、特にショートニングや精製された食品や精製植物油に含まれていることもあります。トランス脂肪酸も加工食品やスナック菓子類、揚げ物、フライや精製油の含まれるマーガリン等に含まれます。

人体とコレステロール

人体はホルモンやビタミンDなどを作るためにコレステロールを必要としています。コレステロールは肝臓で作られますが、血中コレステロール値が著しく上昇すると動脈壁などに付着します。コレステロールには2つのタイプがあります。LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)です。

LDLコレステロール値が高いと動脈壁を作ろうとする働きが増し、どんどんと付着していき、血管を狭めていきます。結果的に血流を妨げたり血流が悪くなります。一方、種子類や魚介類に多く含まれる多価不飽和脂肪酸や1価不飽和脂肪酸はLDLコレステロール値を下げる働きをします。また、大麦や豆類などの水溶性食物繊維もLDLコレステロール値を下げる働きをします。

HDLコレステロールは余分なコレステロールを肝臓に運び返し、やがてそれらは排出されます。さらに血管壁に付着したコレステロールを溶かす働きもあります。血中HDLコレステロール値が高くなると心臓血管病のリスクが減ります。適度な運動も血中HDL値を上げます。

血中コレステロール値を左右する因子は他にも多くあります。遺伝、年齢、性別、食習慣、体重、運動量などです。

麻の実油
必須脂肪酸がたっぷりの麻の実油
α-リノレン酸、γ-リノレン酸、リノール酸をバランス良く含む、低温圧搾法の有機麻の実油
麻の実ナッツ
麻の実ナッツ
有機麻の実の殻を取り除き、やわらかく、ナッツのように食べられます。
ヘンプナッツオイル
あきもと食品 ヘンプナッツオイル
トランス脂肪酸、コレステロール0%の、お肌にもお料理にも使える新感覚の麻の実油。炒め物や揚げ物にもおすすめの1本です。
自然派化粧品の通販はハースへ 美容・暮らしのHearth | 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢1-11-2 | TEL: 0466-62-7730(月〜金AM9:00〜PM5:00)
FAX: 0466-27-3208 | E-mail: info@heart-and-earth.com | 会社案内 | サイトマップ | ©Hearth2007 All rights reserved.